蜂蜜の情報が満載!

大好きハニー/ タイトル画

はちみつ味の飴の歴史

風邪を引いたときには咳止めや喉の痛みを和らげるために、はちみつ味の飴を舐めるとよく効きます。
その理由ははちみつには殺菌、抗菌力があるためです。
なぜならば、フラボノイドという花粉が含まれているからです。
ポリフェノールというと聞いたことがある方もいらっしゃると思います。
この花粉には抗酸化作用があり、蜂が花の蜜を吸うことで体の中で様々な酵素を出すことによりphが酸性へと変化することで、殺菌効果が強まるからなのです。
しかし、いくら殺菌効果が含まれているとはいえ油断は禁物です。
あくまでもこれらは補助的なモノな為、風邪にかかってしまったときには、速やかにお医者さんに行き、適切な治療を受けることが基本です。
その他の効能として、集中力の持続ということがあげられます。
消化吸収されやすい果糖とブドウ糖が含まれているからです。
受験前のお子様や、集中力が必要とされる職種にに就かれている人には、はちみつ味の飴をプレゼントすると喜ばれます。

はちみつ飴で喉をケアしましょう

風を引いた時やカラオケで歌を歌いすぎてしまい喉を痛めてしまうことは多いものです。
自然に治癒をすることを待つのも良い方法でありますが、はちみつ飴を舐めて喉をケアすることもできます。
更にはちみつ飴には栄養も多く含まれています。
甘くて美味しいだけでなく健康を維持するという効果も期待できます。
糖分は人間が活動をするために必ず必要な栄養素であります。
これがおろそかになっていては勉強や仕事をすることは不可能なのです。
ジュースを飲んだり甘いお菓子を食べるという事でも補給することはできますが、はちみつ飴として持ち歩いていればいつでも栄養を補給することができます。
一口で食べることができますし、重さもありませんからバッグなどに入れて携帯をすることが可能であります。
遠出をするときなどに持ち歩いていれば疲れた時にすぐに栄養を補給することができます。
糖分の不足は集中力の低下を招いてしまうので、適度に補給する必要があるのです。

おすすめWEBサイト

2019/8/2 更新